tonarinooka

2017.8.3 | 日々のこと

続 天然木の皿

天然木の皿、最後は冬をイメージしたお皿をご紹介します。

冬といえば、

ますます家の中で過ごすのが多くなるのでは。

クリスマスを始め、パーティしたり、

人がたくさん集まることもありますよね。

蝉がうるさい猛暑の今日では、、、ちょっと想像も難しいですが(笑)

そこはちょっと想像力を豊かにして。

そんな冬の食卓、

天然木の大きな皿がきっと似合う!!

と、オーバルと角、2種類のお皿を作りました。

こんなふうに、パンをのせたらカッコいいですね。

サラダや、長細いケーキなんかも、、、と妄想が膨らみます。

出番待ちのアクセサリーをのせておいても素敵なのです。

グラスやカップをのせてトレイとして使ったり。

大きめなので色々な用途で活躍しそうです。

////////

ただいま、販売の準備を進めています!

もう少しで皆さまにお披露目できそうです。

友人に会うたびに、

どこで買えるの?

いつから販売?

と、期待の声をいただき、嬉しく思っています。

本当に素敵なので、

たくさんの皆さまに見ていただき、

手に取っていただけたらなぁと、思っています。

2017.8.2 | 日々のこと

コンテナのお店

先日、少しふれましたが、

tonari no okaに来春、お店がopenします。

何のお店?と聞かれると、ちょっと答えに困ります。

衣食住、全てを扱う予定ですし、

アンティークやヴィンテージも少し。

とにかく私たちが好きもの!

を、皆さまにご紹介したいと意気込んでおります。

////////

そのお店、実は、、、コンテナを改装した建物です!

珍しいですよね。

長いのと短いのを一個ずつ、L字に配置。

↑これは搬入の日の様子です。

色はこのままって訳にはいきませんから、

ただいまペンキ塗り真っ最中!!

錆止め、下地、本塗り、、、と進めています。

本塗りは、PORTER’S PAINTS。

素敵な色目がたくさんあるメーカーです。

カッコいい色を選びましたよ!

早くご披露したいです。

////////

特殊なペンキは刷毛も特殊。

こんなデッキブラシのような刷毛で塗っていきます。

これが重い重い(苦笑)。

でもあともうちょっと、、、頑張ります!

2017.7.31 | 日々のこと

続 天然木の皿

今日は秋をイメージしたお皿をご紹介します。

秋と言えば、、日も短くなり始め、気温も低くなり、

夜を楽しむイメージです。

お気に入りのお菓子を、

お気に入りのお皿にのせてみる。

わたし自身、そんなことをたまにするのです。

わざわざ自分のために綺麗にセッティングする、、、

お客様が来るわけでもないのに、です。

ひとりカフェごっことでも言いましょうか(笑)

それだけで心が豊かになる気がします。

/////////

こちらのお皿は、コンポート型。

横から見ると↓こんな感じです。

果物をのせても素敵です。

静物画でも描きたくなりますね(笑)

四季をイメージしましたが、

もちろん、どの季節に使っていただいても!

どのように使っていただけるか、も楽しみなのです。

2017.7.29 | 日々のこと

続 天然木の皿

引き続き、天然木の皿のご紹介です。

実は、このお皿のデザインを考えるとき、

イメージを浮かびやすくするため、四季に合う皿、、、を想像しました。

この間ご紹介した皿は、春のイメージ。

今回は夏です!

夏には涼しげな料理が恋しくなりますよね。

と、したらお皿は?

白と黒でパキッとさせたら!と思ったのです。

ベースはアンティークのピューター皿。

リムがかなり広いのがポイントです。

ポイントになるくらいですから、

皿の大きさと、リムのバランスをとるのはかなり難しい。

それが完璧なバランスで仕上ってきました!!

パスタなども似合いますが、

今回は二種のサラダを、白と黒、それぞれに。

料理が何倍にも引き立ってる気がします!

自画自賛すみません(笑)

ちなみに黒は、漆で染めてあります。

どちらもカッコいいですね!

私もどれか購入しようと思ってますが、絞れず、嬉しい悲鳴(笑)

やっぱり全部かな。

次回は秋をイメージしたお皿をご紹介します。

2017.7.28 | 日々のこと

芝張り

7月の初め、今年一番の暑い日になった某日。

庭師さん数名とF-FURNITUREスタッフ総出で

tonari no okaの芝張りをしました。

芝張りってどうやるのだろう、、、

興味と、ちょっとした緊張感。

まずは、トラックに山ほど積まれた芝をある程度の間隔で置いていきます。

これが重い!!

庭師さんたちはさすが、F-FURNITUREの男性スタッフも

いつも重い家具を扱ってますから、ひょい!という感じです。

(私も!と意気込みましたが元気だったのは最初だけ 笑)

次は、土を平す人、芝を置く人、木槌で叩いて定着させる人

と役割分担して進めていきました。

↑こんなふうにね。

レンガを積んでいくように、幅を半分ずつズラしていくのです。

チームワークは最高!

庭師さんからもお褒めの言葉をいただきました。

重ねると成長が悪くなるので1cm程度離すといいそうです。

それから隙間に、タイルの目地のように、土を入れていきます。

せっかくの芝が汚れてしまったように見えますが、

庭師さんが丁寧に水やりをすると、

土が少し沈み、芝がみずみずしくなりました!

定着するまでしばらくかかる、、と聞いていましたが

そろそろ1ヶ月。

いい感じになっています!

昨日も、綺麗な鳥が、芝の上をぴょんぴょんと跳ねていました。

気持ちいいんだろうなぁ。

鳥が嬉しそうで、私も嬉しい。

tonari no okaに関わってから、楽しい経験ばかり!

久しぶりに泥だらけになりました(笑)