COLUMN

2020.1.8 | キッチンのはなし

オーダーキッチンをステンレスにするメリット、デメリットとは?

「オーダーキッチンを検討しているので、ステンレスキッチンの特徴を知りたい」

「ステンレスキッチンのメリットとデメリットって何なの?」

このように、オーダーキッチンに依頼を考えていて、ステンレスキッチンにしたいと考えている方が多くいらっしゃると思います。

しかし、ステンレスキッチンのメリットとデメリットについて詳しく知らないですよね。

そこで今回は、ステンレスキッチンのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

 

□ステンレスとは

ステンレスは英語で「錆びにくい」という意味で、意味の通り錆びにくいとされている素材です。

現在では、改良がされているので昔と比べて錆びに対して強くなっています。

そのため、ステンレス素材は水を使うキッチンに向いていると言えます。

 

 

□メリット

*汚れに強い

ステンレスは汚れが染み込みにくい素材です。

そのため、油や汚れは湿らせたクロスで簡単に拭き取ることができます。

また、中性洗剤を使うと楽に汚れが落ちます。

しかし、頑固な汚れやくすみは簡単に落とすことができないですよね。

そこで、スポンジや磨き粉を使って研磨しましょう。

ただし、研磨の方法を間違えると傷がついてしまう可能性があります。

 

*臭いがつきにくい

ステンレスは衛生的な素材です。

また、臭いがつきにくい性質も持っています。

そのため、キッチンの素材として非常に向いています。

多くの厨房設備がステンレス製なのも頷けます。

 

*デザイン性が高い

ステンレスは金属感を持ち、光沢を放っている素材です。

そのため、クールでスタイリッシュな印象を持たせることができます。

 

 

□デメリット

 

*無機質である

ステンレスは大理石に比べて、無骨で無機質な雰囲気を感じる場合が多いです。

温かみのあるキッチンにしたい場合は、暖色系のクォーツストーンや大理石のキッチンを選択すると良いでしょう。

 

*もらい錆びに気をつける

前述した通り、ステンレスの素材自体は錆びにくいです。

ただし、全く錆びない訳ではありません。

鉄や銅といった他の金属を放置してしまうと、その金属の錆びがステンレスキッチンに移ってしまいます。

具体的には、鉄製の缶、フライパンや鍋といった調理器具が当てはまります。

もらい錆びは一度付くと簡単に落ちないので、注意しましょう。

 

□まとめ

今回は、ステンレスキッチンのメリットとデメリットについて詳しく解説しました。

当社では、オーダーキッチンに関するご相談を随時受け付けています。

専門家がお客様の要望に沿った最適なプランをご提案します。

ぜひ一度、当社までお問い合わせください。