COLUMN

2020.1.8 | キッチンのはなし

オーダーキッチンをステンレスにするメリット、デメリットとは?

「オーダーキッチンを検討しているので、ステンレスキッチンの特徴を知りたい」

「ステンレスキッチンのメリットとデメリットって何なの?」

このように、オーダーキッチンに依頼を考えていて、ステンレスキッチンにしたいと考えている方が多くいらっしゃると思います。

しかし、ステンレスキッチンのメリットとデメリットについて詳しく知らないですよね。

そこで今回は、ステンレスキッチンのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

 

□ステンレスとは

ステンレスは英語で「錆びにくい」という意味で、意味の通り錆びにくいとされている素材です。

現在では、改良がされているので昔と比べて錆びに対して強くなっています。

そのため、ステンレス素材は水を使うキッチンに向いていると言えます。

 

 

□メリット

*汚れに強い

ステンレスは汚れが染み込みにくい素材です。

そのため、油や汚れは湿らせたクロスで簡単に拭き取ることができます。

また、中性洗剤を使うと楽に汚れが落ちます。

しかし、頑固な汚れやくすみは簡単に落とすことができないですよね。

そこで、スポンジや磨き粉を使って研磨しましょう。

ただし、研磨の方法を間違えると傷がついてしまう可能性があります。

 

*臭いがつきにくい

ステンレスは衛生的な素材です。

また、臭いがつきにくい性質も持っています。

そのため、キッチンの素材として非常に向いています。

多くの厨房設備がステンレス製なのも頷けます。

 

*デザイン性が高い

ステンレスは金属感を持ち、光沢を放っている素材です。

そのため、クールでスタイリッシュな印象を持たせることができます。

 

 

□デメリット

 

*無機質である

ステンレスは大理石に比べて、無骨で無機質な雰囲気を感じる場合が多いです。

温かみのあるキッチンにしたい場合は、暖色系のクォーツストーンや大理石のキッチンを選択すると良いでしょう。

 

*もらい錆びに気をつける

前述した通り、ステンレスの素材自体は錆びにくいです。

ただし、全く錆びない訳ではありません。

鉄や銅といった他の金属を放置してしまうと、その金属の錆びがステンレスキッチンに移ってしまいます。

具体的には、鉄製の缶、フライパンや鍋といった調理器具が当てはまります。

もらい錆びは一度付くと簡単に落ちないので、注意しましょう。

 

□まとめ

今回は、ステンレスキッチンのメリットとデメリットについて詳しく解説しました。

当社では、オーダーキッチンに関するご相談を随時受け付けています。

専門家がお客様の要望に沿った最適なプランをご提案します。

ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

2020.1.7 | キッチンのはなし

オーダーキッチンを考えている方必見!IHとガスコンロの違いとは?

「オーダーキッチンを考えているけど、IHとガスコンロの違いとは?」

「IHとガスコンロのメリット、デメリットを知りたい」

このように、オーダーキッチンのコンロのタイプについて悩んでいる方が多くいらっしゃると思います。

しかし、IHとガスコンロのそれぞれのメリット、デメリットについて詳しく知らないですよね。

今回は、岐阜の専門家がIHとガスコンロの違いについて詳しく解説します。

 

□IHのメリット

栗でつくったオーダーキッチン。岐阜県各務原市

*子どもの安全を確保できる

IHの最大の利点は、火を使用しないことです。

そのため、安全性が保障されています。

小さなお子様がいる方は、安心して調理ができると言えるでしょう。

 

*掃除がしやすい

IHの形状は平らなガラス天板です。

調理後の掃除はクロスで汚れを拭き取るだけで十分です。

そのため、掃除の手間が少なくて済みます。

 

 

□IHのデメリット

*IH対応の調理器具しか使えない

IHで使用できる調理器具は限定されています。

一方で、最近ではIHに対応した調理器具が登場しています。

しかし、コストが高く、種類が少ないのが現状です。

 

*停電時に使用できない

IHは電磁調理器なので、停電時に使用できません。

日本は自然災害が多いので、停電時に使用できないのは不安ですよね。

対策として、カセットコンロを備えておくのが良いでしょう。

 

 

□ガスコンロのメリット

*停電時でも使える

ガスコンロは停電時でも使用できます。

なぜなら、ガスをエネルギー源としているからです。

しかし、ガスコンロは点火の際に電気を使用します。

万が一の場合は、乾電池で点火ができるので、乾電池を用意しておきましょう。

 

*選択できる調理器具が豊富

ガスコンロは使用する調理器具を選びません。

言い換えると、ほとんどの種類の調理器具が使用可能です。

それゆえ、普段使っていた調理器具が問題なく使えます。

 

*頑丈で壊れにくい

ガスコンロは五徳がついています。

そのため、調理器具を乱雑に扱っても、コンロは壊れることはほとんどありません。

 

 

□ガスコンロのデメリット

*五徳まわりの掃除が大変

ガスコンロは凹凸のあるパーツが多いので、掃除が大変です。

ただし最近では、掃除が楽なガスコンロが登場しています。

そのため、きちんとガスコンロの選択を行いましょう。

 

*周囲が熱くなる

ガスコンロで調理をすると、周囲が熱くなってしまいます。

特に、夏場の調理中は熱くなりやすいです。

さらに、隣接している部屋にも暑さが充満する可能性があります。

 

 

□まとめ

今回は、岐阜の専門家がIHとガスコンロの違いについて詳しく解説しました。

当社では、オープンキッチンに関するご相談を随時受け付けています。

アドバイザーがお客様のお悩みに真摯にお答え致します。

ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

 

2020.1.6 | キッチンのはなし

オーダーキッチンの適切な高さの選び方を解説します!

「オーダーキッチンの導入を考えているけど、適切なキッチンの高さが分からない」

「キッチンの高さの選び方を知りたい」

このように、オーダーキッチンの導入を考えている方が多くいらっしゃると思います。

しかし、キッチンの高さの選び方を詳しく知らないですよね。

そこで今回は、オーダーキッチンの高さの選び方について解説します。

 

 

□キッチンの高さでの悩み

*身体への負担

台所の仕事で最も身体に負担がかかるのがシンクでの作業時間です。

実際、調理から片付けまでの時間の半分はシンクでの作業時間だと言われています。

シンクの作業では、数十分間同じ体勢である場合が多いですよね。

そのため、身体への負担が大きいです。

そこで、自分に合ったキッチンの高さに設定しましょう。

*力が入りにくい

キッチンの高さが高すぎる場合、食材を切るときに力が入りにくいです。

特に、硬いものを切るときに支障が生まれます。

なぜなら、全体重をかけられないからです。

そのため、キッチンが高すぎると使い勝手が悪くなってしまいます。

 

 

□高さの寸法

まず、キッチンのワークトップの高さを身長から算出する方法について見ていきましょう。

計算式は身長を2で割って、5cmプラスします。

(例)身長160㎝の方の場合 160㎝÷2+5㎝=85㎝ が目安の高さです。

ただし、室内でスリッパを履いている場合はその高さを考慮しましょう。

 

また、最近では肘の高さから適切な計算式を導きだす方法があります。

計算式は、「肘高−約10cm」です。

実は、料理するときの起点は肘です。

言い換えると、キッチンで行う基本の動作の起点が肘で、前腕を下ろす動作を繰り返します。

そのため、天板の高さを肘高より少し低く設定するのが良いでしょう。

 

 

□高さの基本設定

キッチンの高さの基本設定は5cm刻みである場合が多いです。

一般的なキッチンの高さの設定は、80〜90cmまでの3段階設定です。

ただし、メーカーによって異なるので注意しましょう。

一部のメーカーでは、1cm刻みの高さ設定を行っている場合があります。

 

□高さを調整する方法

メーカーのキッチンは前述した通り、5cm刻みの高さ設定ができない場合が多いです。

一方で注文住宅の場合、設計段階で微調整をできる場合があります。

微調整する方法は、キッチンの床高の調整です。

ただし、追加コストがかかる場合があるので、事前に業者と相談をしておきましょう。

 

 

□まとめ

今回は、オーダーキッチンの高さの選び方について解説しました。

オーダーキッチンは自分に合った適切な高さを選択しましょう。

当社では、オーダーキッチンに関するご相談を随時受け付けています。

専門のアドバイザーがお客様の理想のキッチンを実現するために全面的なサポートを致します。

ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

2019.12.21 | キッチンのはなし

オーダーキッチンを検討中の方必見!壁付けキッチンのメリットとは?

「オーダーキッチンの設置を考えているけど、壁付けキッチンはどのような特徴があるの?」

「壁付けキッチンのメリットについて詳しく知りたい」

このように、オーダーキッチンの依頼を考えていて、背面キッチンを検討している方が多くいらっしゃると思います。

しかし、壁付けキッチンのメリットとデメリットについて詳しく知らないですよね。

そこで今回は、壁付けキッチンのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

 

*換気がしやすい

壁付けキッチンは換気がしやすい利点があります。

なぜなら、壁面に窓を設置できるからです。

窓と換気扇で、料理中の匂いを逃がす通路が完成します。

ダイニング~リビングで食事の匂いが気になる方におすすめです。

□メリット

*スペースを広く使える

壁付けキッチンの最大の魅力はスペースを広く使える点です。

壁付けキッチンはキッチンの真後ろにダイニングテーブルを設置する場合が多いです。

そのため、料理だけのスペース以外にもダイニングスペースとして利用できます。

以上より、壁付けキッチンは家の面積を最大限活用できると言えるでしょう。

 

*料理や作業に集中できる

壁付けキッチンでは、料理や作業に集中することが可能です。

対面キッチンと違って、リビングやダイニングが見られる環境ではありません。

そのため、調理のみに集中ができるので失敗を減らすことが可能です。

 

*一体感がある

壁付けキッチンの場合、入口から見てリビングやダイニング、キッチンを全て見渡せるケースが多いです。

壁付けキッチンは壁に沿って取り付けるため、大きな目隠しになるものがありません。

そのため、家全体に一体感が生まれます。

 

□デメリット

*キッチンが丸見え

壁付けキッチンは、キッチンが丸見えです。

来客者が訪れた時に、食器の散乱具合を見られてしまいます。

そのため、定期的に食器洗いをして片付けておくのが良いでしょう。

また、間取りやテーブルなどの家具の配置を工夫すると良いでしょう。

 

*食器棚や家電が設置できない

壁付けキッチンでは、食器棚や家電を設置できないことが多いです。

なぜなら、壁側がキッチンで埋まっているからです。

そのため、事前に食器棚や家電の設置場所をきちんと決めておきましょう。

オーダーキッチンですと、あらかじめキッチンに家電スペースを確保することもできます。

*行き来が多いので危険

壁付けキッチンは生活スペースと直結しています。

そのため、調理中に誰かと接触する可能性が高いです。

対策として、生活動線をあらかじめ把握しておくと良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、壁付けキッチンのメリットとデメリットについてご紹介しました。

当社では、オーダーキッチンに関するご相談を随時受け付けています。

専門のアドバイザーがお客様の要望に沿った最適なプランをご提案します。

ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

2019.12.9 | キッチンのはなし

オーダーキッチンを考えている方必見!IHとガスコンロの違いとは?

「オーダーキッチンを考えているけど、IHとガスコンロの違いとは?」

「IHとガスコンロのメリット、デメリットを知りたい」

このように、オーダーキッチンのコンロのタイプについて悩んでいる方が多くいらっしゃると思います。

しかし、IHとガスコンロのそれぞれのメリット、デメリットについて詳しく知らないですよね。

今回は、岐阜のオーダーキッチン専門家がIHとガスコンロの違いについて詳しく解説します。

 

□IHのメリット

 

*子どもの安全を確保できる

IHの最大の利点は、火を使用しないことです。

そのため、安全性が保障されています。

小さなお子様がいる方は、安心して調理ができると言えるでしょう。

※チャイルドロックはお忘れなく!

 

*掃除がしやすい

IHの形状は平らなガラス天板です。

調理後の掃除はクロスで汚れを拭き取るだけで十分です。

そのため、掃除の手間が少なくて済みます。

 

 

□IHのデメリット

*IH対応の調理器具しか使えない

IHで使用できる調理器具は限定されています。

一方で、最近ではIHに対応した調理器具が登場しています。

しかし、コストが高く、種類が少ないのが現状です。

 

*停電時に使用できない

IHは電磁調理器なので、停電時に使用できません。

日本は自然災害が多いので、停電時に使用できないのは不安ですよね。

対策として、カセットコンロを備えておくのが良いでしょう。

 

□ガスコンロのメリット

●人気のハーマンプラスドゥ 男前のデザインがかっこいい。

 

*停電時でも使える

ガスコンロは停電時でも使用できます。

なぜなら、ガスをエネルギー源としているからです。

しかし、ガスコンロは点火の際に電気を使用します。

万が一の場合は、乾電池で点火ができるので、乾電池を用意しておきましょう。

 

*選択できる調理器具が豊富

ガスコンロは使用する調理器具を選びません。

言い換えると、ほとんどの種類の調理器具が使用可能です。

それゆえ、普段使っていた調理器具が問題なく使えます。

 

*頑丈で壊れにくい

ガスコンロは五徳がついています。

そのため、調理器具を乱雑に扱っても、コンロは壊れることはほとんどありません。

 

□ガスコンロのデメリット

*掃除が大変

ガスコンロは凹凸のあるパーツが多いので、掃除が大変です。

ただし最近では、掃除が楽なガスコンロが登場しています。

そのため、きちんとガスコンロの選択を行いましょう。

 

*周囲が熱くなる

ガスコンロで調理をすると、周囲が熱くなってしまいます。

特に、夏場は注意が必要です。

さらに、隣接している部屋にも暑さが充満する可能性があります。

 

□まとめ

今回は、岐阜の専門家がIHとガスコンロの違いについて詳しく解説しました。

当社では、オープンキッチンに関するご相談を随時受け付けています。

アドバイザーがお客様のお悩みに真摯にお答え致します。

ぜひ一度、当社までお問い合わせください。