COLUMN

2019.8.29 | キッチンのはなし

オーダーキッチンにしたい方必見!I型キッチンのメリット紹介

「I型のキッチンにするメリットは何?」

こういう疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

どのキッチンにするかで、部屋の雰囲気や使い心地も変わるので、キッチン選びはとても重要ですよね。

そこで今回は皆さんにI型のキッチンにするメリットを紹介します。

 

□I型キッチンとは?

※LIXIL様より引用しました。

I型キッチンとは、コンロや調理場が横一直線の形をしたキッチンです。

 

□メリット

*他のキッチンよりもリーズナブル

I型のキッチンは、U形やL形のキッチンよりも手ごろな価格で設置できます。

キッチンの形がとてもシンプルで、材料費や加工費などの費用があまりかかっていないからです。

キッチンにはあまりお金をかけたくない方は、I型にすると良いです。

 

*場所をとらない

I型のキッチンを壁付けにすると、お皿やコップなどの用品も置けるので、その分スペースを有効に使えます。

他のキッチンと比べると場所も取らないので、リビングのスペースを広く使えます。

また、家が狭くて、キッチンに面積が割れない場合でも、I型だと設置が可能です。

I型のキッチンは、長くても270センチ以下にしているところが多いです。

理由は、この長さを超えると、移動距離が増えるため、使いづらさがあるからです

あまりキッチンに場所を取りたくない方にはオススメです。

 

*対面の場合でも隠せる

 

I型は、対面式にもすることができます。

ペニンシュラやアイランドの場合、キッチンの上に置いたものは、リビングから見えやすいです。

ところが、I型だと、キッチンの前に小さい壁があるため、隠すことが可能です。

キッチンには、皿を拭くタオルや、スポンジなど清潔に見せるには良くないものが多いですよね。

I型だと、リビングから見えることはないので、部屋の見た目が良くなります。

また、キッチン前の壁の長さは、自分の好みで決められるので、長めにしておくと良いです。

 

*平行移動

I型キッチンの場合は、コンロと調理場が一直線上に設置されています。

そうすることで、料理する時も左右に移動するだけで済みます。

お子様に料理を教える時も教えやすいので便利です。

 

*レイアウトの変更がしやすい

I型のキッチンだと、横の長さを調節しやすく、レイアウトの変更がしやすいです。

 

□まとめ

以上、I型キッチンのメリットをいくつか紹介しました。

上記のメリットを参考にして、自分の好みに合ったキッチンを選んでください。

当社では、オーダーキッチンの査定やご相談の依頼をお受けしておりますので、検討している方はぜひ連絡してみてください。

2019.8.26 | キッチンのはなし

オーダーキッチンのことなら!レイアウトの種類を6つ紹介!

「自分の好みに合うキッチンがないから、オーダーメイドでつくりたい」

このように考えている方は多いのではないでしょうか。

特に主婦の方は、キッチンにいる時間が長いので、できるだけ自分の好みに合ったキッチンにしたいですよね。

そんなキッチンのレイアウトにもいくつか種類があるのをご存知でしたか?

そこで今回は、皆さんにキッチンのレイアウトの種類を6つ紹介します。

 

□種類

*I型

 

シンクとコンロ、を横一直線のタイプです。

キッチンと壁の間のスペースに冷蔵庫を置けます。

とてもシンプルな見た目なので、どのような間取りでも馴染みます。

しかし、キッチンの長さが270センチを上回らないように注意してください。

これを超えると、移動距離が長くなるため、使いにくいです。

また、料理しているときは、壁に向かうので、小さいお子様の面倒を見たい方や、料理しながらコミュニケーションを取りたい方にはオススメできません。

 

*Ⅱ型

シンクと調理のそれぞれにスペースがあるタイプです。

横に移動する手間が省けるので便利です。

また、調理、収納空間も広く取れます。

ただし、シンクと調理スペースの間隔には気をつけてください。

狭すぎると通りづらくなることがあります。

さらに、振り返るときにぶつかることもあるので注意しましょう。

最低でも90センチ開けておくと安心です。

 

*L型

 

L字型の形をしたタイプです。

シンク、加熱器、調理場の配置が近いので、移動距離も減り、作業効率が上がります。

キッチン角にテッドスペース(使えないスペース)ができやすいので収納の工夫が必要です。

 

*アイランド型

 

一部、あるいは全体が壁に張り付いているタイプです。

このタイプだと、キッチン周りのスペースが広いので、複数で作業するときに便利です。

また、ホームパーティーを開くときも、みんなで囲めます。

ただし、シンクの向かいにリビングがあるので、注意しましょう。

水がはじけないように、マットを敷くなど、工夫が必要です。

 

*U字型

シンク、コンロ、作業スペースがU字型のタイプです。

U字型なので、移動しなくても三方向に手が届きやすいため、効率が良いです。

料理が好きな方や、頻繁にする方に向いています。

 

*ペニンシュラ型

 

料理スペースのみが壁に接しているタイプです。

料理する際はリビング側に向くので、テレビを見たり、家族と会話したりしながらの作業が可能です。

また、リビング側に椅子をおいて、空いているスペースを机代わりにして食事もできます。

部屋をできるだけ広く使いたい方には良いですね。

 

□まとめ

以上、キッチンのレイアウトの種類を6つ紹介しました。

キッチンといっても、その中にはたくさん種類があります。

上記の6種類の中から、自分の家と好みに合うものを選んでください。

当社では、オーダーメイドのキッチンも扱っているので、興味がある方はぜひ一度連絡お待ちしております。

 

2019.8.22 | キッチンのはなしオーダーキッチンのコラム

オーダーキッチンを依頼するなら!Ⅱ型キッチンのメリット紹介

「Ⅱ型キッチンのメリットを知りたい」

こういう方は多いのではないでしょうか。

特に主婦の方は、キッチンにいる時間が長いので、自分の好みに合ったキッチンにしたいですよね。

そこで今回は皆さんにⅡ型キッチンのメリットをいくつか紹介します。

 

□Ⅱ型キッチンとは?

Ⅱ型キッチンは調理カウンターが2つあり、平行に並んでいるタイプのものです。

 

 

□メリット

*作業スペースが広い

Ⅱ型キッチンは、コンロとシンクのそれぞれにスペースがあるため、作業スペースを広く取れます。

例えば、シンクの横では、洗い終わった野菜を切る作業をして、炒めた野菜を皿に盛る作業はコンロの横でするように、作業に合わせたスペースを確保できるので良いですね。

また、友達や子供と料理する時にも十分なスペースが確保できるのでオススメです。

一人での作業が多い場合は、通路の幅を80センチから100センチを目安にすると良いです

二人以上での作業が多い場合は、100センチから120センチを目安にしてください。

 

*道線が短い

Ⅱ型キッチンだと、カウンターが短いかつ、平行に設置されているため、無駄な移動が省けます。

作業効率も上がり、体力的にも疲れないのでオススメです。

調理する際は、後ろに振り返るだけなので、熱いものを運ぶ時や、汁物を運ぶ時などに便利ですね。

ただし、複数人で調理するときは、振り返る際にぶつかることがあるので、注意が必要です。

 

*収納スペースを多く取れる

Ⅱ型キッチンは2つカウンターがあり、その下に収納スペースがあるため、他の種類と比べても収納スペースが広いです。

また、たくさん収納できる分、新たに収納棚を設置する必要がありません。

どちらかを壁に付けると、収納スペースを確保でき、見た目もすっきりするのでオススメです。

 

*コミュニケーションが取れる

料理する際は壁に向かうので、誰とも会話できなくて寂しいと感じる方は多いのではないでしょうか。

Ⅱ型のキッチンの場合は、どちらか一つが対面式です。

そのため、調理しながら家族とコミュニケーションを取ることができ、楽しみながら作業できます

それ以外でも、テレビや子供の面倒を見ながら作業できるので、オススメです。

ただし、それらに集中し過ぎると、怪我をする可能性があるので、注意してください。

 

□まとめ

以上、Ⅱ型キッチンのメリットを紹介しました。

キッチンを選ぶ際は、上記のメリットを参考にしてみてはいかがですか。

当社では、オーダーキッチンの依頼も受け付けておりますので、興味ある方はぜひ一度相談してください。

 

2019.8.20 | キッチンのはなしオーダーキッチンのコラム

オーダーキッチンをつくるなら!料理教室のレイアウトのコツ紹介

「料理教室を開きたい」

「料理教室に必要なキッチンのスペースが知りたい」

こういう方はいらっしゃいませんか?

料理教室を開くとなると、普通のキッチンよりもレイアウトや収納スペースが重要ですよね。

生徒が通ってくれるようなキッチンにしないといけません。

そこで今回は、自宅で料理教室を考えている方に、料理教室のキッチンのレイアウトや収納のコツを紹介します。

 

□レイアウトのコツ

 

*ダイニングと一緒ならアイランド型がオススメ

ダイニングとキッチンが同じ部屋にある場合は、アイランド型が向いています。

その理由は、複数人で作業するときに便利であるからです。

アイランド型キッチンだと、生徒が中央を囲めるため、どの生徒も先生の手元を見られます。

また、カウンターを広くすると、生徒がメモを取りながら作業できるのでオススメです。

カウンターだと、料理もできたてを食べられるので良いですね。

アイランドキッチンは、生徒が大人数でも少人数でも対応しているので、魅力的です。

 

 

□収納スペースのコツ

 

*ミセスコーナーをつけよう

ミセスコーナーとは、キッチン内に机を置くスペースを作り、簡単な作業をする場所のことです。

料理教室を開くとなると、生徒や料理の情報をまとめるのに、パソコンは必要ですよね?

レシピの印刷やレシピの管理の事務作業も、ミセスコーナーがあると、待ち時間にできるので便利ですね。

また、ミセスコーナーの上に、ちょっとしたスペースを設けると良いです。

そこに、料理教室で必要な生徒と料理の書類をまとめて収納できるのでオススメです。

 

□収納スペースには余裕を持たせよう

 

料理教室を開くには、たくさんの器具が必要ですよね。

それだけでなく、生徒の人数分の皿やコップも準備する必要があるので、収納スペースには余裕を持たせることが重要です。

たくさん収納したいときは、床から天井まである壁面収納が便利です。

人が収納スペースの中に入ることができるタイプにすると、かなりの量の食器や器具が収納可能です。

 

□まとめ

 

以上、料理教室のキッチンのレイアウトと収納のコツを紹介しました。

料理教室を開くには、自分のことだけでなく、生徒のことまで考えた、使い勝手が良いキッチンにする必要がありますよね。

生徒が毎日通いたくなるような、楽しい雰囲気をしたキッチンにしてください。

当社では、オーダーキッチンの依頼を受け付けております。

岐阜・愛知・三重の東海エリア近郊にお住まいで、オーダーキッチンを作ることを考えている方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

2019.8.8 | オーダーキッチンのコラム

オーダーキッチンにしたい方必見|U型のメリット紹介

「U型キッチンのメリットが知りたい」

こういう方は、多いのでないでしょうか。

住みやすい家にする上で、キッチン選びはとても重要ですよね。

そこで、今回は皆さんにU型キッチンのメリットを紹介します。

 

□そもそもU型キッチンとは?

U型キッチンとは、キッチンのキャビネットがUの字の形をしたキッチンです。

コンロ側とシンク側がスペースを囲むように配置されています。

□メリット

*動線が短い

U字型キッチンは、中央を囲むように設置されています。

そのため、それぞれの方向に手が届きやすく、移動する距離も短いです。

例えば、シンク側で切った野菜や魚を、真後ろのコンロ側にすぐ移せます。

作業効率が上がるため、料理の専門家や、料理が好きな方にはオススメです。

 

*収納スペースが広い

U字型キッチンには、3つ台が備え付けられており、その下には豊富な収納スペースがあります。

下の収納スペースにできるだけ物を入れることで、部屋がすっきりして、見た目も良くなります。

また、調理をしていて物を取る際は中心に立つので、ほとんど移動せずに、皿や調味料を取り出せるので便利です。

キッチンの種類によっては、キッチンの端から端まで移動しないといけない場合もあります。

しかし、U字型だと楽に作業ができるので便利ですね。

 

*複数で作業しやすい

U字型キッチンは、設置するのに、広いスペースが必要です。

そのため、作業スペースも広く、快適に調理ができます。

夫婦で調理をするときや、子供に料理を教えるときなど、複数人で調理する際も、窮屈にならないので良いですね。

*料理以外にも使える

U字型キッチンのコンロとシンクを同じキッチンにできます。

そうなると、一つキッチンが余りますよね。

それを、別の目的で使うことができます。

例えば、リビング側のキッチンの前に椅子を置いて、一つのカウンターを食事用にできます。

また、来客用のスペースとしても使えるので便利です。

 

*油汚れが気にならない

U字型キッチンの場合は、コンロ側を壁につけることが可能です。

そのため、油の飛び散りを最小限に抑えられます。

油のせいで、床や家具が汚れにくくなるため、掃除も楽にできるので良いですね。

 

□まとめ

以上、U字型キッチンのメリットを紹介しました。

キッチンを選ぶ際は、ぜひ上記のメリットを参考にしてください。

家のキッチンは、良い部屋の雰囲気を作るのに、とても重要ですよね。

当社では、オーダーキッチンの依頼を受け付けております。

興味がある方は、ぜひ一度相談してみてください。